イワタの麻パッド - 健康で快適な眠りを提供する自然素材の国産オーダー寝具

布団なび

暑い季節は背中が汗でベタベタ。

蒸し暑くて眠れません。
朝起きても頭がボーっとします。

エアコンのタイマーを利用しても寝ても、切れるとすぐに目が覚めてしまいます。
もう一度タイマーをオンにしても、切れるとまた目があいてしまいます。
朝までこれの繰り返しです。

さらに、眠っている間は昼間と違って体温を調整する機能が低下していますので、ちょっとした油断で体調を崩してしまいがち。
夏風邪や寝冷えしやすいのは、そのためです。


イワタの麻パッド


眠れない原因は「背中のムレ」。

睡眠中にかく汗の量は一晩にコップ1杯程度ですが、夏は気温が高いので発汗量が通常の2倍以上にもなります。
汗は敷きパッドに接する背中の温度を上昇させ、相対湿度は80~90%にも達します。
こうした背中の不快な群れを取り除こうと、シーツの冷たい部分を求めては、ゴロン、ゴロン。
寝返りは冬の2~3倍になります。
寝返りでムシムシした背中の空気を換気しているのですが、その度に眠りは浅くなっています。

快眠のコツは背中をさらっと爽やかな状態に保つことです。

「イワタの麻パッド」で背面の湿度上昇を抑えると、必要のない寝返りを減らせます。
ひんやりと涼しいのは、麻がたっぷりと使われているため。
麻は熱を伝える能力が大きく、ほてった体の体温を逃げやすくします。
吸湿性と放湿性にも優れ、出る汗を速やかに取り去り乾かしてくれるのです。

この夏用のパッドは、すぐにペシャンコになるという麻の布団わたの欠点を逆手に取り、麻のわたを針でつついてフェルト化したものです。
40cm以上もあるものをたった1cmにまで圧縮してあります。

表の生地も麻100。
さらに表面には独特な手法で凹凸の「しぼ(しわ)」が付けてあります。
この「しぼ」が体を小さな点で受け止め、背中の空気を動きやすくしています。
通気が良くなり、湿って熱くなった空気が外へ押し出されるのでべたつきません。
家庭で水洗い、日干しができるので、衛生面も安心です。

イワタの麻パッドの詳細




「健康」と「睡眠の質」を第一に考えた『布団の選び方』


寝具は、人生の1/3もの時間をともに過ごし、健康を大きく左右するほど大切なもの。必要な条件をすべて満たした理想の布団なら、良質の眠りが実現できます。



更新情報・お知らせ

2017/10/02
サイト更新。

↑ PAGE TOP

Web Design:Template-Party