イワタの羽毛ふとん - 健康で快適な眠りを提供する自然素材の国産オーダー寝具

布団なび

冬の寝具の代表格は、羽毛ふとんです。

年間販売枚数は、約500万枚!

7割ほどが中国からの輸入製品です。
羽毛ふとんの詰め物は、水鳥の羽毛。
食用に飼育したアヒルかガチョウから採取します。

アヒルの羽毛は「ダック」、ガチョウの羽毛は「グース」と表記されます。

アヒルは年間を通して産卵するのに対し、ガチョウの産卵は春先だけ。
飼育期間はアヒルが短いのに対してガチョウは長く、飼育羽数もアヒルのが圧倒的に多いです。
ですので、「グース」の羽毛の方が希少性が高く高価となるのです。


イワタの羽毛ふとん


羽毛には、大きく分けて綿羽と羽根の2種類があります。

綿羽は「ダウン」、羽根は「フェザー」と呼ばれます。
ダウンは中心から放射状に繊維が広がり球状で水鳥にしかなく、空気を含んで水に浮き、体を保温する役目を持っています。
布団の詰め物のダウンとフェザーの重量比は、ダウン率としてパーセントで表されます。

生地は、中から羽毛が噴出さないように加工してあります。
樹脂で目詰めするのが一般的です。

イワタの羽毛ふとん」では、詰め物の羽毛を手作業で丁寧により分けたポーランド産グースの成熟ダウンで球が大きく保温力が抜群です。
生地もオリジナルの綿100。
樹脂加工をしていないので羽毛本来の吸放湿性が失われません。
さらに、世界10カ国特許の最先端イオン化技術「イオゾンデルタ」で製品を丸ごと活性化!
新品の風合いが長く持続します。
通常、羽毛製品は、陰干しで洗えませんが、これなら直射日光に干せて家庭で水洗いできます。
羽毛ふとんは安いものと高いものでは10倍以上の価格差があります。
人生の3分の1を布団の中で過ごすのだから、納得できるまで吟味して選びましょう。

イワタの羽毛ふとんの詳細




「健康」と「睡眠の質」を第一に考えた『羽毛布団の選び方』


寝具は、人生の1/3もの時間をともに過ごし、健康を大きく左右するほど大切なもの。必要な条件をすべて満たした理想の羽毛布団なら、良質の眠りが実現できます。



更新情報・お知らせ

2017/10/02
サイト更新。

↑ PAGE TOP

Web Design:Template-Party