イワタのダウンケット - 健康で快適な眠りを提供する自然素材の国産オーダー寝具

布団なび

寝床内の「気性状態」が眠りを決めます。

あなたの寝床は熱過ぎたり寒過ぎたりしていないでしょうか?

掛け布団と敷き布団の間は、室内とは気温が違います。
熱を発する体を掛け布団と敷き布団で覆って室内と隔絶しているからです。

実験によると、寝床内の理想温度は33度プラス、マイナス1度。人間の胴体部分の皮膚表面は約35度だから、それより少し低いくらいがちょうど良いとされています。

寝床内の温度が皮膚表面温度より高すぎるとどうなるでしょうか?

暑くて寝苦しいだけではありません。
心拍数が増加、血圧が上昇します。
その上、過剰に汗が出て、寝床内の湿度が上がります。
暑さにムレが加わりさらに眠りが不安定になります。
寝返りの回数が増え、睡眠途中での覚せいが増えてしまうのです。


イワタのダウンケット


逆に低すぎる場合はどうでしょうか?

寝床に入った直後、血管が収縮します。
体からの放熱が妨げられ、内蔵や脳の温度が下がりにくくなります。
寝付くまでの時間が長くなるのです。

保温力が足りないのは問題ですが、保温力がありすぎるのも問題です。
布団には、寝床内を最も良質な睡眠状態が得やすい最適温度、約33度に保つ機能が望まれます。
体を温めればよく眠れるわけではありません。

イワタのダウンケット」が、1枚あれば便利です。
秋、春はこれだけで快適に眠れるし、冬は掛け布団と合わせて使えます。
寝床内の温度を快適に調整できます。
詰め物の羽毛は、世界13カ国で特許を認められたイオン化技術により機能が高めてあります。
生地は、コットン100。
通常の羽毛ふとんの生地は、樹脂加工で羽毛の吹き出し防止をしていますが、イワタではこの樹脂加工を一切していません。
天然素材の温度調節機能が生かされているのです。
もちろん、家庭で簡単に水洗いが出来て直射日光に干せます。
干せば、保温力がアップするし、衛生的に使えます。

イワタのダウンケットの詳細




「健康」と「睡眠の質」を第一に考えた『羽毛布団の選び方』


寝具は、人生の1/3もの時間をともに過ごし、健康を大きく左右するほど大切なもの。必要な条件をすべて満たした理想の羽毛布団なら、良質の眠りが実現できます。



更新情報・お知らせ

2017/10/02
サイト更新。

↑ PAGE TOP

Web Design:Template-Party