イワタのひのきベッド - 健康で快適な眠りを提供する自然素材の国産オーダー寝具

布団なび

旅行先で朝起きたときに背中や腰に違和感を覚えた経験はないでしょうか?

フワフワのマットレスが原因であることが多いです。
ベッドは柔らかすぎてはいけません。
寝姿勢を重視して選びましょう。

人間の背骨はS字を組み合わせた形のカーブを描いています。

頚椎は前方に湾曲していて、眠ると筋肉が緩んで姿勢を保てなくなります。


イワタのひのきベッド


どんな姿勢になるかは体を支えているベッドの性能しだいですが、ベッドが柔らかすぎるとどうなるでしょうか?
仰向け姿勢では尻が体の40%以上の荷重を受けます。
その分、他の部位と比べて大きく沈み込みます。
その結果、腰椎のカーブが大きくなり、腰部周辺への負担が増えるのです。
そして寝返りにも影響します。

寝ると背骨が縦の重力から開放され、その状態で体をねじるように動かすのが寝返りで、よい姿勢での寝返りは日中の体のゆがみを矯正し、筋肉の疲れをほぐす働きがあります。
体の向きを大きく変えるような寝返りは、一晩10~30回程度ありますが、ベッドが柔らか過ぎると、不自然な姿勢が繰り返されて、体のゆがみや筋肉の疲れを十分にほぐせません。

ぐっすり眠ったときは、あおむけの状態が多くなります。

このとき、背骨のカーブは立っているときよりも全体的に少し緩やかになるのが理想です。
良いベッドは、その姿勢が保てるのです。

イワタのひのきベッド」は、背面部分がすのこ状のベッドです。
すのこの上にマットを敷いて、しっかりと体を保持できます。
マットは、カウンセリングを受けた上で、数種類の硬さから選べます。
すのこなので、通気性も良く、使用木材はすべて日本産。
ヘッドボード、サイドボードは紀州産のひのき、すのこは、北海道産のシナ合板を使用しています。
接着剤には、ホルムアルデヒドはおろか、科学塗料は一切使わず、天然のエゴマ油で仕上げています。

イワタのひのきベッドの詳細




「健康」と「睡眠の質」を第一に考えた『ベッドの選び方』


寝具は、人生の1/3もの時間をともに過ごし、健康を大きく左右するほど大切なもの。必要な条件をすべて満たした理想のベッドなら、良質の眠りが実現できます。



更新情報・お知らせ

2017/10/02
サイト更新。

↑ PAGE TOP

Web Design:Template-Party